FC2ブログ
イエローショット
女の子のおしっこ、おもらしをメインに取り扱った小説を書いています。
200810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3分間の小部屋 あとがき
???さんのリクエストから
レオタードのまたの部分をずらしておしっこを採用させていただきました
ごく短い短編となりましたが、満足していただければ幸いです
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

3分間の小部屋 02
3分間の小部屋 02

やがて舞美(まみ)はトイレの個室に飛び込んだ
和式の便器を目の前にして舞美は気づく
今さらな事ではあるが、レオタードは凄く脱ぎにくいのだ
いまからゆっくり裸になっていては間に合わない
舞美は迷わず便器へとしゃがみ込んだ
>>続きを読む
3分間の小部屋 01
3分間の小部屋 01

舞美(まみ)は冷えた体育館の廊下を思い切り走っていた
薄っぺらなレオタードで覆われただけの体は冷え切り、
おなかの中からは強い欲求が今にも吹きださんとと暴れている
片手で尿道を強く押さえ、舞美はひたすらに走った
とにかく時間がないのだ
>>続きを読む
ベイビールック あとがき
そんなわけで、リクエストにありましたオムツしたのに横漏れを書いてみました
まだまだリクエスト募集しておりますが、筆が遅いことを改めてお詫び申し上げます
ベイビールック 07
ベイビールック 07

なかなかおしっこが吸収されない感覚に私は少し焦る
もし吸いきれなかったらどうなるのだろうか
想像が結論を出す前に、その瞬間は訪れた
>>続きを読む
ベイビールック 06
ベイビールック 06

(ん、そろそろおしっこしたいな)
だんだん強くなる尿意に私の気持ちは焦った
ドキドキ感と相まって私の歩調は早くなる
やがて私は、とあるラーメン屋の前までやってきた
テレビでも紹介されたこの店は、入り口からずらりと人が並んで列を作っている
時刻はまだ夕方だったが、既に大学生とおぼしき集団が列を伸ばしていた
>>続きを読む
ベイビールック 05
ベイビールック 05

膀胱をすっかりからにした私は、そっと手をおむつの中に滑り込ませる。
隙間から一気にわき上がるおしっこの臭い。
指先はモコモコからぶよぶよに感触が変わったオムツに触れる。
おしっこを吸ったばかりのおむつはまだ暖かく、わずかに湿っていた。
>>続きを読む
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。