FC2ブログ
イエローショット
女の子のおしっこ、おもらしをメインに取り扱った小説を書いています。
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奈緒の水筒 04
奈緒の水筒 04

さらに強烈になった尿のニオイに胃液がこみ上げてくる。
それでも奈緒は思い切ってコップを持ち上げた。
重力に従って流れ出した尿は、小さく空いた奈緒の口へと滑り込んでいく。


口の中に広がるしょっぱい感触。
何とも言えない強い臭いに奈緒の目が潤む。
それでも体が求めるまま、奈緒はおしっこを体の中へと流し込んだ。
ジュッ……ゴク、ゴクッ

わずかな水分を手に入れた奈緒の体は、
あっという間にブレーキを解除した。
水筒に直接口をつけると、残ったおしっこを一気にあおる。
喉を駆け下りていくぬるい感触。
水筒をカラにした奈緒は、静かに泣いた。
それが水分の無駄だとわかっていても、止まらなかった。

やがて奈緒は消防隊の手によって救助された。
差し出された冷たい水を飲んで、おしっこに濡れた口元がやっと笑顔になった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。