FC2ブログ
イエローショット
女の子のおしっこ、おもらしをメインに取り扱った小説を書いています。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私とサキとオムツ 02
トイレまで来て、一番奥の個室に入る。
スカートをたくし上げると、音消しの水を流す。
その音に紛れて、私は両腰のテープをはがした。
むわっと立ちのぼる臭いに顔をしかめながら、私はそれをサニタリーボックスに押し込む。
ハンドバッグから赤ちゃん用のお尻拭きを取り出すと、大事なところをいつものように拭き上げた。
最後に純白の、折りたたまれたオムツを身につける。
スパッツを上から重ねて穿いておしまい。
私はもう一度無駄に水を流すと、個室から出た。


個室から出たところで、待ち構えていたようなサキと目があった。
「トイレ、入らなかったの?」
「うん、ここで待ってた」
別に尿意がなかったんだろう。そう思った。
「ねえ、ちゃんと拭いた?」
手を洗いに行こうと歩き出していた足が止まる。私はキッと振り向いた。
「ほら、トイレットペーパー引き出す音が聞こえなかったからさ、ウチのホルダーうるさいじゃない」
「ナプキン変えただけよ」
平然とした顔で言い返す。

「ふーん」
サキはそう言うと、今私が入ったばかりの個室に入る。
そして躊躇なくサニタリーバケツの蓋を開けた。
「ずいぶん大きいナプキンじゃない」
そう言って丸められた私のオムツを掴み上げる。
私はあまりの出来事に頭が真っ白になる。
それとは対照的に、サキは笑顔でそのオムツを広げ始めた。
(やめてっ)
声にならない声が、頭の中で反響する
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。