FC2ブログ
イエローショット
女の子のおしっこ、おもらしをメインに取り扱った小説を書いています。
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水華と佐恵 01
「ほら、いいから出しちゃいなよ」
「や、だぁ、おトイレ、行かせてよ……」
「だからさ、ここがアンタのトイレだって言ってんじゃん」
人気のないプールの更衣室。そこには裸の少女がひとり、身を悶えさせていた。
彼女の足下には青いバケツが一つ置かれ、それらを取り囲むように水着の少女たちが立っていた。


「緊張して失敗しちゃったんでしょ? みんなの前でオシッコとかしたらもう大丈夫だって」
「私たちの出番奪ってまでさ、大会に出て失敗やらかしたんだよ? ケジメってもんがあるじゃん」
「そんな、失敗したのは悪かったけど、大会選抜メンバーを選んだのは先生だし……」
「いいからそこでしろ、よっと!」
ひとりの少女が、彼女の下腹部を押した。
「ダメっ!」
ショロロロロロロロロロ
裸の少女は足下のバケツの上へとかがみ込んだが、股間を押さえた手は放そうとしなかった。
結果、尿は彼女の手の中に溜まり、その隙間からゆっくりと漏れ出す。
「あはは、マジ漏らしてるし」
「しかも手の中におしっこしてるよ、変態じゃない?」
「そろそろ行こ? 先生来ちゃうよ?」
水着の少女たちが去ったあとには、バケツの上で涙する少女の姿があった。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。